【金持ち父さん:ロバート・キヨサキ】キャッシュフロークワドラント(ESBI)を理解しよう

こんにちは。
たかです。

お金と時間にゆとりを持つために
まず理解しておく働き方として

 ・E(従業員)「安全」
 ・S(自営業者)「独立」
 ・B(ビジネスオーナー)「富の形成」
 ・I(投資家)「経済的自由」」

という考え方があります。

キャッシュフロー・クワドラント

アメリカでベストセラーになった
「金持ち父さん貧乏父さん」の著者である

ロバート・キヨサキ氏は
「キャッシュフロー・クワドラント」を
意識することが大切だと説いています。

キャッシュフロー・クワドラントとは

キャッシュフロー(お金の流れ)と
クワドラント(4等分)を

合わせた造語で
世の中で収入を得る方法は

「E、S、B、I」

4つのいずれかに
当てはまるという考え方です。

E=Employee(従業員)
S=Self-employed(自営業者)
B=Business owner(ビジネスオーナー)
I=Investor(投資家)

現在のあなたは
この4つのクワドラントの
どれにあたりますか?

これを読んでいるほとんどの方は
「E」の従業員に属しているかもしれません。

それぞれのクワドラントには
それぞれの金銭的価値観が
あるとされています。

(各クワドラントの基本的な金銭的価値観)
E(従業員)「安全」
S(自営業者)「独立」
B(ビジネスオーナー)「富の形成」
I(投資家)「経済的自由」

E(従業員)S(自営業者)と
B(ビジネスオーナー)I(投資家)で
対比して語られることが多いです。

会社員として働きながら
自営業者としてサイドビジネスをする。

自営業者ではあるけれども
不動産投資もしているなど

各クワドラントを
またいだ働き方も多く存在しています。

豊かさの時間を作っていく

借金や投資をせずに
「お金」と「時間」に余裕が欲しい。

でも、手元に「資産」になり得るモノがなくて
どうしたらいいか分からない。

本を出版して印税を得る
得意分野で一発奮起して収益を得る
アプリを開発して手数料を受け取る

資産を生む方法は
たくさんありますが

なかなかハードルが高いと思います。

当然、誰でもまとまった
キャッシュフローを
生み出せるとは限りません。

現実的にこれらが
「仕事をしていない間も
 継続して収入を生み出してくれるモノ」
になるには

熱意、根気、そして何より
「地道な努力」が必要です。

それでも生涯にわたって
お金と時間に余裕を持って

暮らしていくためには
方法はどうあれ

何らかの資産形成に
取り組んでいかなくてはなりません。

そのためにも
まずは最低限の生活費を
E(従業員)で稼ぎながら

徐々に徐々に資産形成に取り組んで
B(ビジネスオーナー)の道への

小さな一歩を進んでいけたら
いいのではないでしょうか。

日々努力が必要ですが
一歩一歩前に進んで行くと

確実にその先が見えてきます。
ぜひがんばっていきましょう!

動画でも明日への豊かさにつながる
エピソードを紹介していますので
よかったらご覧ください(*’ω’*)

では今日もいい1日でありますように(*´ω`*)

究極の成功トライアングル プレゼント

友だち追加



LINEに登録するだけで
120万の塾で公開している
「究極の成功トライアングル」を
無料でプレゼント!!
友だち追加ボタンからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です