【バフェット:投資の神様】仕事で重要な判断を下す時の秘訣

「私は1人で考えねばなりません
 多数決は嫌なんです」
 エドワード・バフェット

助言が必要な時に誰を頼るのですか?

仕事の特性上
私は1人で考えねばなりません。

多くの人の意見を聞くと
皆と同じ選択をすることになり
いい投資はできません。

だから
1人で考えられる環境が必要だし
そういう資質が求められます。

パートナーの
チャーリー・マンガーは誰よりも
聡明で素晴らしい人物です。

でも思考が似ているので
たまにしか相談しません。

互いに考えていることが分かるし
話も想像がつくので
電話代のムダになります。

幹部を集めないと何も決められないのなら
私は今の地位にいるべきではありません。

責任をとるのはいいけど
多数決は嫌なんです。

長年の経験から言って
大きな組織ほど無難な決断になるものです。

大人数の中からは
優れた投資判断はできません。

私の会社は小会社の集合体ですが、
経営者たちに同じことを勧めています。

仕事をしていれば失敗もあるけど、
重要な判断は彼らが行うのです。

経営者の頭脳とエネルギーと
誠実さに賭けているのです。

彼らの判断に何重もの審査にかけていたら
多くものを失うでしょう。

「私は1人で考えねばなりません
 多数決は嫌なんです」
 エドワード・バフェット

動画でもエドワード・バフェットさんの
エピソードを紹介していますので
よかったらご覧ください(*’ω’*)

では今日もいい1日でありますように(*´ω`*)

究極の成功トライアングル プレゼント

友だち追加



LINEに登録するだけで
120万の塾で公開している
「究極の成功トライアングル」を
無料でプレゼント!!
友だち追加ボタンからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です