【イチロー:元プロ野球選手】本を読む事が嫌いな理由

「人と競争した経験の中で何かを得たい」
           イチロー

僕は本を読んだり
テレビを見たりあまりしない。

本に関しては0に近いですよね。

本がなぜ僕が苦手かというと
まずこういうめくっていく行為が嫌い。

面倒くさいんですよ。

誰かがやってくれたらというのが
あるんですけど。

字が細かいから目に
って言う事が
ちょっとあったりもするんですけど

でも実は一番苦手なのは
僕に問いかけるスタンスが
あるんですけど

見てる人に
何かを投げかけるスタンスがある。

でも最後には
そこに答えが出てくる
っていうのが僕は苦手なんですよ。

人の生き方の話とか
あるじゃないですか。

そういう物の中では
必ず最後に答えが
出てきてしまう事が嫌で

頭で何となく内容に
共感してしまう事があると
何となく自分の物になったような
気になってしまうんですよね。

その人が生きてきて
その人が得た物なのに

なぜか自分も共感できるから
それを自分の物にしてしまう。

でもそれは僕が本当に
自分の中から出てきている物ではない。

そこを錯覚してしまう事が
嫌なんですね。

だから何かを投げかけられる
それを自分なりに噛み砕く。

こういう事なんじゃないかっていう事は
僕は好きなんですけど

でも最終的にはそれが本の中に
現れてくるので

ちょっと苦手なんですよ
それよりも自分が狭い世界ですけど

それなりに自分と向き合う。

人と競争する中で
色々な事があるわけじゃないですか。

それをその中から
何かを得たいんですよね僕は。

それってきっと
自分の言葉じゃないですか。

そうすると人は
きっとそんな事分かるから

きっとこの言葉ってこの人から
本当に生まれた物なんだろうか。

って感じる人って
たくさんいるじゃないですか。

それはきっと
そういう事だと思うんですよ。

何か自分以外の
どこかから情報からそれを頭で理解して
勉強して叩き込む。

やけに大人びてるなとか

やけに子どもだなとか
あるかもしれない。

そう思ってつまらない。

「人と競争した経験の中で何かを得たい」
           イチロー

動画でもイチローの
エピソードを紹介していますので
よかったらご覧ください(*’ω’*)

では今日もいい1日でありますように(*´ω`*)

究極の成功トライアングル プレゼント

友だち追加



LINEに登録するだけで
120万の塾で公開している
「究極の成功トライアングル」を
無料でプレゼント!!
友だち追加ボタンからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です