【発達障害対策】むやみに過去を振り返ると気分が余計に沈んでしまうワケ

こんにちは。
たかです。

罪悪感や後悔の意識が
極めて強い人が
過去を振り返り出すと

どんどん絶望感とか
自分に対しての嫌悪感が出て
気分が沈んでしまいます。

そういう時は

「なぜこうなってしまったのか?ではなく
 今何ができるだろう?を考える」

という方法があります。

過去を振り返り出すとハマる

過去を振り返る時に
明確な原因追及ではなくて

「なんであんな事を
 してしまったんだろう」

「なんでこういう事態に
 なってしまったんだろう」と

罪悪感や後悔の意識が
極めて強い人がいます。

そういう人が
過去を振り返り出すと

どんどん絶望感や
自分に対しての嫌悪感が出て
気分が沈んでしまいます。

そのため
今できる事に対しても
動けなくなってしまって

いよいよ日常生活が
立ち行かなくなってしまう事もあります。

思考を現在から未来へ選択する

過去を振り返る時には
原因を追究するのではなくて

「今何ができるんだろう?」

という現在思考あるいは
未来思考を選択する。

自分は今何ができるんだろうか?

例えば
運動を取り入れていくとか

頑張りすぎずに
適度に休憩を入れるとか

食事の時間を一定にするだったり
正しい眠り方でもいいし

そういう風にすることによって
元気になってきます。

ふさぎ込みだった日常生活も
徐々に回ってくるようになります。

それで自信がついてくるし
希望も見えてくるし

そうなって初めて過去を健全な範囲で
振り返る事ができます。

そうなった時に初めて明確な原因を
特定しにいくとよいです。

だからむやみやたらに
過去を振り返るって事をしない方が
いいケースがあります。

どうしても人生をよくしようとすると
過去を見つめる
自分自身を見つめると
過去形の形になってしまいます。

考え込むと
マイナス思考に入りがちな方は

まずは過去思考ではなくて
未来志向から入る事

これをやる事で考え方を
前向きにする事ができます。

ぜひ参考にしてみてください!

動画でも生きづらさを解消する
エピソードを紹介していますので
よかったらご覧ください(*’ω’*)

では今日もいい1日でありますように(*´ω`*)

究極の成功トライアングル プレゼント

友だち追加



LINEに登録するだけで
120万の塾で公開している
「究極の成功トライアングル」を
無料でプレゼント!!
友だち追加ボタンからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です